鉄板焼きOribeとは

シェフ宇﨑宏隆のこだわり

シェフ宇﨑宏隆

Oribeは 焼き物の“織部焼”が 由来となっております
織部焼の色や質感と「オ・リ・ベ」という三文字の音の響きが私たちのイメージに合い
2007年11月 大阪市西区新町に誕生しました

四季折々の食材を吟味・厳選し
素材の特性を生かしながらフライパンを
鉄板に置き換えて 様々なメニューをお客様に
お出し しています
火の入れ方やソースは フレンチの技法を忠実に守りつつも 独自の感性で
大胆 かつ 豪快に新しい鉄板焼きを表現しています
そのため ボリューム感がありつつも やさしいお料理となっております

店内は 一枚板のカウンターを中心に 木の温かさを感じる雰囲気です
親しみのある心地よいサービスをモットーに
お客様の「おいしい!」と「笑顔」を日々追求し続けたいと思っております

宇崎宏隆

このページの先頭へ戻る